痛風のお悩み解決サイト

様々な観点から痛風に関するお役立ち情報をご案内

痛風で悩みを抱えてしまっている方もきっと多いかと思います。そんな痛風の基礎知識をまずは知っておくことが大切です。

 

そこで当サイト「痛風のお悩み解決サイト」では、様々な観点から痛風に関するお役立ち情報をご案内しています。

 

さて痛風の症状というのは、ある日前降りもなく突然に、足首の関節や親指の付け根などに、今まで一度も経験をしたことの無いような激しい痛みをが現れてくるのが大きな特徴となっています。

 

痛風でよく言われていることですが、「実際に痛風を体験してみなければ、この激しい痛みは理解することは出来ない」「まるで傷口に針を刺しているような痛み」などがあります。

 

痛風の発作が起こる部位

そもそも痛風という病名が付いたのは、「ちょっとした風が吹くだけで患部に激しい痛みをを感じる」ということで症状に由来しているのです。そして痛風の発作というのは、何の前ぶれもなく突然引き起こすことから予測することが出来ないのです。

 

中には痛風の症状が現れる数日前から患部にちょっとした違和感を感じる人も確かにいますが、その時にこれほどまでの激痛になることを想像する人は殆どいないでしょう。

 

また痛風の発作が起こる部位というのは、ある程度決まっているものです。

 

痛風の過半数以上の人が足の親指の付け根に発症している傾向にあり、その他にも、かかとやアキレス腱、くるぶしの関節、そしてひざの関節などといった一般的には下肢に集中しているものです。

 

ただし上半身に起こることも稀にあり、肩やひじや手指の関節などに見られます。

 

痛風の発作

痛風が下肢に集中している理由についてですが、実際のところ現段階でもまだよくわかっていないのです。

 

しかし下肢の関節部というのは尿酸の結晶が溜まりやすい場所ということで下肢に集中すると言われています。

 

そんな痛風の発作というのは、一般的に夜明け前や早朝に起こるケースが多くなっています。

 

さらに痛風の初期症状の段階では、非常に強い痛みを生じることになりますが、それから24時間ほど経過することによって徐々にピークを迎えることになり、その後は少しづつ収まってきます。殆どのケースでは治療を受けなかったとしても、2週間程度経過することで痛みは完全に無くなります。

 

しかし完治しているワケではなく、体内では進行してしまっている可能性があり、再度痛風に悩まされてしまうことが多いのです。

 

ですので、初期段階で適切な治療を受けて再発防止をすることが大切なこととなります。