主に痛風の症状は足

痛風の原因である尿酸が蓄積

ご存知のことかもしれませんが、痛風というのは、体の何処に対しても発症してしまうわけでなく、これまでの統計的には下半身を中心として多く発症している傾向にあります。

 

中でも、最も多く発症してしまう部位としまして、足先や足の親指、親指の付け根の関節部などを挙げることができ、約7割近くの人がこの部位に対して痛風が発症してしまうことになります。

 

また、他にも発症しやすい部位はいくつか挙げることができ、例えば膝やかかと、足の甲、アキレス腱、そして踝などに発症をしています。稀なことですが、腕の肘や肩に発症してしまうことも実際にあるようなのですが、上半身というのは、比較的血流が安定していることから、尿酸も流れてしまうことから尿酸ナトリウム結晶が出来にくい環境と言えます。

 

つまり下半身に行けば行くほど血流が低くなってくることから、痛風の原因である尿酸が蓄積されやすくなるのです。

 

そして上半身と比較して下半身の体温というのは低くなっていますので、尿酸ナトリウムが結晶化しやすい条件が揃っていることになります。そんな尿酸が蓄積されやすい部位としましては、下半身の体温が低い部位や比較的動かすことが多い部位、また負担がかかってくる部位となります。

 

尿路結石が出てきやすいというのも同様の条件になっていることから、尿路結石の疑いや実際に発症してしまった人というのは、痛風を引き起こしてしまう可能性が比較的高いと疑った方が良いかもしれません。

 

何処が痛いのか把握することが出来ない

はじめて痛風を発症する時というのは、その発症部位として1か所で起こることが殆どであり、2か所以上に渡って同時に痛風が起こってしまう症例はこれまでには報告されていないようです。しかし、あまりにも酷く耐え難い激痛を感じることになるために、何処が痛いのか把握することが出来ないことがあります。

 

痛風発症の箇所に対して浮腫が現れてきますので、浮腫の部位というのが尿酸ナトリウム結晶の蓄積されてしまっている部分となりますので、決して患部を冷やすことの無いように、保温を維持してあげることで少しでも痛みを緩和することが出来ます。

 

それでも我慢出来ないほどの痛みを生じてしまったら、迷わず救急車を呼んでください。

 

「痛風で救急車なんて大袈裟なのでは?」と思われるかもしれませんが、決して大袈裟なことではなく、数多くの人が痛風で救急車を利用しているのです。っというよりも自分では歩くことが出来ないので、救急車しか方法は無いのかもしれません。