意外にも多くある痛風の原因

高尿酸血症の時に引き起こしやすい

ここではちょっと難しいお話をさせていただきます。もちろん痛風に関することですが、覚えておいて損はありません。つまり痛風のメカニズムです。

 

痛風というのは、血液中の尿酸値が高くなってしまっている状態となることで高尿酸血症の時に引き起こしやすいと言われています。ちなみに医学文献によりますと、血液中の尿酸の割合として「7.0mg/dl」になることによって尿酸ナトリウムが関節部などでといった部分において結晶化することで、尿酸ナトリウム結晶が骨の接合部に沈着していく状態が作られてしまうことになります。

 

しかしこのような状態になってしまっている人というのは、実際のところ非常に多く存在しており、さらに自覚症状が殆ど無いまま普通に日々の暮らしを送っています。

 

自覚症状だけに限ったことではなく、痛風特有とも言える浮腫も全く現れていないことから、まだ尿酸ナトリウム結晶を不用物と白血球が認識をしていないということになります。

 

もし、尿酸ナトリウム結晶の現れを白血球が直ぐに排除することが出来れば、発熱や尿酸ナトリウム結晶が沈着してしまっている患部から激しい痛みを生じさせることになります。

 

このことは、人間の健康状態、また精神状態などといった実に様々な因果関係が重なり合うことによって、白血球の動きが一気に活性化されることになり、尿酸ナトリウム結晶を排除することになると言われていますが、実際のところ、医学的な根拠と言える状況というのは残念ながら解明されてはいないのです。

 

痛風を発症してしまった人

しかし痛風を発症してしまった人の統計データにおきましては、精神的なストレスを抱えてしまっている状況や、ほとんど睡眠時間が無いような、いつも多忙に仕事を抱えている状況、さらには過渡のアルコールを摂取してしまっている状況、エアコンなどで長時間に渡り体を冷やした状況などを挙げることが出来ます。

 

それらの中でも、日々の仕事によるストレスや過労、他にも不眠が重なってしまうことによって体力的に衰えてしまっている状況におきまして、白血球の動きが体を正常に戻そうと活発化されることになり、この原因として尿酸ナトリウム結晶を排除にかかることで、痛風を引き起こしてしまうと多く報告されています。

 

いかがでしょうか?普段目に見ることの出来ない場所で、私達の身体というのは、変化が起こっているのです。痛風が突如襲ってくるのに気が付かないのも当然のことです。それでももしもの時のために、ある程度対処法を頭に入れておくようにしましょう。