痛風の原因は食事にもある

尿酸ナトリウムの結晶体を生成

痛風が発症してしまう原因というのは、高尿酸血症によって血液中に存在している尿酸が飽和状態となってしまい体内に尿酸が排出される一緒に尿酸ナトリウムの結晶体を生成してしまうことが原因と言われています。

 

ただし、このような状態になってしまったとしても、何かしらの自覚症状があるわけでもありませんし、異変の兆候も体においても表れているというワケでもありません。

 

しかし、このように尿酸値が高くなっている状況が長期間に渡って続いてしまいますと、プリン体を多く含んでいる肉類やアルコール類を摂取することによって、体の性質か酸性化してしまいます。

 

これによって尿酸ナトリウム結晶の結石を生成されやすい状態を作り出してしまうことに繋がるのです。

 

痛風と同様に激痛を伴うこととなる尿路結石や胆石などといったことも尿酸ナトリウム結晶が原因による結石となります。

 

しかし胆石や尿路結石の場合におきましては、白血球が結石をどうにかして取り除こうとしようと活性化する前にある程度の痛みを感じることが多くなっていることから、病院にて医師による早めの処置を受けることが可能なのですが、痛風の場合については、関節などの溝に対して結晶が沈着してしまっている状態では痛みを伴うことが無く、白血球が活性化してから想像出来ないほどの激痛に襲われてしまうことになります。

日頃から生活習慣の改善を心掛け

ただし尿酸ナトリウム結晶というのは、ウィルスなどとは異なっており、結晶自体については、生きているわけではありません。

 

単なる尿酸の塊に過ぎないことから、どんなに白血球が排除しようとしたとしても、結晶が減少するどころか、白血球が衰えてしまうことになり、最終的に死滅することになります。

 

つまり、白血球が死滅することによって、発熱や浮腫といった炎症反応を引き起こしてしまう引き金となるワケです。

 

尿酸を多く生成してしまうプリン体が多く含まれている肉類やアルコール類を過剰に摂取することによって、尿酸ナトリウム結晶が生成されやすいとも言われているのですが、実際には生活習慣の乱れによるところが最も大きな原因なのです。

 

生活習慣で改善しなければいけないこととしまして、バランスのとれた食生活、暴飲暴食を避ける、適度な運動、睡眠不足の改善などが挙げられます。

 

これらは痛風だけではなく、その他にも様々な病気の原因にもなりますので、日頃から生活習慣の改善を心掛けておくことが大切です。